前向き 外向き 自然体

長期思考で「いま、ここ」にスポットライトを当てる大学職員の日常を記録します。 since 2009


にほんブログ村
↑ クリックしてみてください(^_-)-☆

鱈腹食って昼寝しようとしたら、かみさんが言った。

「精米して来いてゆたよね、殺されっだいんだが?」



精米
精米したてはより美味い

クロスフィット
昨夜のスキマ時間クロスフィット



今日は1日、冬らしい天気

基本的に読書に充てた

サンドイッチ
昼に鱈腹食べたもの↑

😋

読み終えた本👇

久しぶりの最高評価本は、「知識社会の組織のつくり方に必要な最新の組織論を幸せ視点で体系化した(p282)」内容。
組織論や幸福学のほかにも、経営学、人的資本、心理学、リーダーシップ、行動経済学など、良い意味での“いいとこどり”を体系的に学べる。

「失った30年」を超えて、まずは仕事を楽しむことから始めようか。

今後何回も読み返す本になりそうだ📚



にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
にほんブログ村

繰り返しのスペイン戦⚽報道にかみさんが呟いた。

「かっこいい...三苫...」



乾杯
昨夜の回転ずし🍣🍣

今朝は、冷えた

でも、“走れ”という身体の声に従い、パトランへ

蔵王
蔵王みはらしの丘から蔵王を望む

小学校
みはらしの丘小学校

オレ
@斎藤茂吉記念館

三吉山
須川の向こうは三吉山

地図
橋の上や日陰は凍結してて危険だった。

昼は、
雑煮
かみさんが雑煮を作ってくれた😋

そして、

13:30- 第94回U-COM定例会

2か月の1回開催の大学業界の家族との時間

今日は8名が、恒例の5分間スピーチで近況とか報告し合った。



当然ながらWカップの話題になって、森保監督のリーダーシップについて話し合った。

ひぐは昨日から読み始めてるこの本を紹介👇

著者 : 斉藤徹
クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
発売日 : 2021-11-29

組織を変える3つのリーダー像

サーバント・リーダーシップ
「学習する組織」で求められるのは、メンバーを支援し、コラボレーションを促し、組織が目指す成果に導く「サーバント・リーダーシップ」である。

オーセンティック・リーダシップ
「共感する組織」で求められるのは、正直に率直に信念を置き、写真、顧客、社会と共感する関係性をつくる「オーセンティック・リーダーシップ」である。

シェアド・リーダーシップ
「自走する組織」で求められるのは、リーダーを固定せず、適材適所で、自然発生的にリーダーとフォロワーを循環させる「シェアド・リーダーシップ」である。(p77)



森保監督にはサーバントとオーセンティック・リーダーシップを見ることができる。

また、

日本代表チームのキャプテンは吉田選手であるが、いろんな選手にシェアド・リーダーシップを見ることができる。長友選手はもちろん、若手の堂安選手にも。



その意味で、サッカー日本代表チームは、

学習する組織であり、共感する組織であり、自走する組織でもある。



にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ